独自ドメインについて

ホームページはドメインが必要です。

URLともいいますが、このページではドメインという表現で統一しております。

取得は当社で代行しますので「文字列」を当社にお知らせいただければ結構です。お客様が取得する必要はございません。

【文字列の考え方・決め方】

当社はホームページがたくさんありますので、ドメインもたくさんあるのですが、代表のドメインは「nnoopp.com」です。

ちなみに神戸方面のドメインはkobe-websakusei.comです。

一般的にドメインは、会社名を英語表記にしたものとなります。

当社は「NOP合同会社」。プログラムでnop命令というものがあり、簡単な命令言語なのですが重要な言語でして、そんな存在になりたいなという想いが社名の由来です。

なので当社は、本当はドメインをnop.comとしたかったのですが、すでに誰かに取得されていたので、妥協してnnoopp.comとなりました。

ドメインは世界中の誰とも重複するわけにいきません(推定数2憶あります)

なので思った通りのドメインを取ることは非常に難しいです。

ドメイン取得にあたりましては妥協案も視野に入れて検討くださいませ。

妥協の仕方・基本的な考え方など。

一般的には会社名をドメインとしますが、そうしなければいけないというルールはありません。一般の方がドメインをみて、会社名やご商売内容が連想できれば問題ないと思います。

たとえば、当社を例にした妥協案ですと、

nop.comとしたかったのですが無理だったので、

nop-web.com

nop-hp.com

nop-kobe.com

といった候補がありました。

お花屋さんであれば「 flower.com」

税理士さんであれば「 tax.com」という感じです。日本語でohanaとか、zeirishiとはしないことが多いです。

ただ英語にすると意味がわかりにくくなってしまうご商売の場合、日本語の文字列を使うケースもあります。整体院さんなどは英語表記すると意味が伝わりませんのでseitai.comなど。

*SEO対策の観点からは英語表記のほうがいいです。

もちろん上記で紹介しているような単純なドメインは取得できません。必ずといっていいほどすでに誰かが取得しています。

なので、flowerやtaxといった単語をベースに妥協案を考えることが一般的です。またはまったく違う観点からでも問題ございません。

珍しい社名であれば一発のときも多いです。

ドメイン末尾のcom,jp,netなどについて

○○〇.com

〇〇〇.jp

という感じで末尾にはトップレベルドメインと呼ばれるcomやjpがつきます。

末尾のトップレベルドメインは意味があります。

末尾がcomとなる場合、本来はアメリカの企業という意味ですが、人気ドメインなのでアメリカの企業じゃなくても使う人は多いです。当社もそうです。

末尾がjpとなる場合、個人・法人問わずに日本の会社という意味です。

株式会社であればjpではなく、co.jpとなります。(任意ですが)

netはネット関連の事業です。

ドメインの末尾は、聞いたことも見たこともないものを合わせますと、実は何百種類もあります。tokyo,blog,style,info,xyzなどなど上げればきりがありません。

ただあまりに聞きなれないと怪しいので、一般的にはcomかjpのどちらかにする方が多いです。

comとjpどちらにするか?それは本当に好みの問題となります。なんとなくcomがいい、なんとなくjpがいい程度でOKです。

可能であれば短いほうが

ドメインは長くなりがちですが「もし可能であれば」短い方がいいです。

ご商売をしていく中で、口頭でホームページのドメインを伝えなければいけない機会もあるでしょう。またメールアドレスもそのドメインを使うことになります。

〇〇〇@nnoopp.com

メールアドレスは上記の形式となり、〇〇〇の部分はお好きな文字が使えます。後半部分が世界に一つしかないドメインなので、〇〇〇の部分はどんな簡単な文字であっても、世界に一つのメールアドレスが完成します。

ドメインが短ければ、メールアドレスを口頭で伝えるときなども便利です。ティーとディー、ピーとビーなどのチェックをしてから決められる方もございます。(発音上、伝えやすいか、聞き取りやすいかというチェック)

使える特殊文字は -(ハイフン)のみ

半角英数文字で構成されるドメインですが、-(ハイフン)のみ利用可能です。ドットやアンダースコアは使えません。

ドメイン取得は当社で行います

どういった文字列にしたいかを、当社にお知らせください。メール連絡でOKです。

例1) flower-kobe.com *地域名を+したケース

例2) nop-tax.jp *社名+事業内容

例3)nop.com *珍しい社名であれば一発の場合も

可能であれば第三希望まで(末尾comかjpを明確にお願いします)

ずっと使うものなのでちょっとドキドキしますね。せっかくのなので楽しんで決めてみてください!