よくある勘違いについて
ホームページを持つということはホームページの住所(URL)が手に入るという意味です。当社であればhttps://kobe-websakusei.comです。

このURLを名刺に印刷する・チラシに印刷する・一括見積もりサイトなどに登録するなどして「宣伝」する必要があります。そうしないとせっかくホームページを作っても、だれも見てくれません。

URLを知らないため、見たくても見れないという感じです。

ところが昨今、ネットで検索すればホームページが出てくると思っている方が多いです。それはホームページを作ったから出てくるのではなく、リスティング広告、もしくはSEO対策という「専門」の対策をする必要があります。

ちなみに今これを読んでくださっている方と、当社が出会えたきっかけは、当社がホームページを持っていたからではなく、当社がホームページをリスティング広告に出したり、SEO対策をしているからということになります。

ホームページ(URL)が欲しいだけなのか、ネットで検索されたときに上位に表示されたいのか、その部分を明確にすることがホームページ制作の第一歩と言えるでしょう。

ホームページ(URL)が欲しいだけという考え方は「あり」です。ただしそれは、
人通りのある店舗であったり、チラシを撒いて営業していたり、求人媒体によく広告を出すようなお店の場合に限定されるでしょう。

ホームページがなくても売り上げが成立している店舗様です。

この場合、がっつり新規のお客様を呼び込むというよりは、お店の前を通りがかった人が、後からネット検索してくれたり、チラシを見た人がURLを入力してくれたりと、補助的な意味でホームページが有効に機能します。

さすがにホームページすらないと大丈夫か?と思われる時代なので高い費用をかけて制作する必要はまったくありませんが、丁寧でシンプルなサイトを持っておくことは重要だと思います。

検索されたときに上位表示されないと意味がないという方は、
作ったホームページに対しリスティング広告やSEO対策をしっかり行うことが必須となるでしょう。

独立開業したばかりの方や、チラシなどの営業をしていない、または人通りの少ない店舗様などがこちらのパターンとなるのではないでしょうか。

当社はSEO対策も専門に行っています。
神戸市を中心に大阪・尼崎・西宮・芦屋・明石・加古川は「無料のウェブ制作相談」を実施しております。お気軽にご相談ください!