一般的なホームページ制作費用のことですが、たとえば5万円で出来るホームページと30万円のホームページは何が違うの?

簡単にいいますと、ホームページはいきなり文字を書いたり、画像を張り付けていくのでなく、建築でいうところの設計図をまず書く必要があります。

パソコン画面は横長なので、端から端までびっしり文字が入りますと、長すぎて読みづらくなります。だからサイドバースペースを400px作って、本文入力欄を短くしよう!

両端も200px空白を作ろう!

ロゴの位置は上から50px、左から200px離そう!

トップ画像は大きめに1920pxにしよう。

こういった設計図(枠組)作りから始まります。パソコン画面に透明な線でスペース割りをするイメージです。

しかし一般的なウェブサイトはだいたい同じような枠組みなので、どこの制作会社さんもオーソドックスな「ひな形(テンプレート)」を持っています。

その制作会社さんのひな形を「そのまま」利用できるのであれば、一般的には格安で制作可能です。

しかし、サイド枠はもう少し広くしたいな、ロゴの位置はもう少しセンターよりがいいな、フォントのサイズ感を少し変えたいな、トップ画像のサイズをもう少し大きくしたいな、などなどの「お客様からの要望」がありますと、結局一から設計図を書き直さなくてはいけません。

一から設計図を作りますと、どうしても高くなりますので(どんなにシンプルでも)、当社はテンプレート制作をお勧めしています。

大切なことは、そういった細かいデザインの部分ではなく、ホームページを見てもらうための「動線」です。

神戸市を中心に大阪・尼崎・西宮・芦屋・明石・加古川は「無料のウェブ制作相談」を実施しております。お気軽にご相談ください!