キャッシュクリア作業

ホームページの修正や変更依頼したページについて、お客様側で「変更箇所」を確認できないことがございます。

キャッシュといいまして、このケースでは、お客様が古いデータを見てしまっていることがほとんどです。

何度もホームページにアクセスしているため、お客様のスマホやパソコンが「少し前の」古いデータを記憶しており、スマホやパソコンがその古いデータを表示しています。

「古いデータ」を一度削除する→ それからもう一度ページにアクセスする、という作業が必要です。

これをキャッシュクリア作業といいまして、キャッシュクリア作業を行うことで最新の状態を確認することができます。

ホームページ作成中などの場合は、確認したいたびに何度も何度もキャッシュクリア作業が必要です。随時新しいデータに切り替わっているため

2種類のキャッシュクリア方法

2種類のキャッシュクリア作業方法があります。

一つ目:軽い記憶なら消せるリロード

まずは、軽い記憶なら消せる更新(リロード)をお試しください。

ホームページはGoogleで見ていますか? iPhone(safari)でしょうか?

矢印がくるっとなったマークはわかりますでしょうか。

更新されているかどうか確認したいホームページを開いた状態でこの「更新マーク」を押します。

ただしリロードは確実に更新できるわけではありません。

深い記憶が残っていると更新できません。

確実ではないため修正依頼した内容がはっきりしているときに限定されるやり方です。

例)

ABCという文字列をDEFに変更依頼した、といった「わかりやすい修正依頼」の場合は、更新(リロード)を押して新しい情報に変わっていることが確認できれば、確実に変更できているということなので、それでOKです。

2つ目:深い記憶も消すスーパーリロード

2つ目はスーパーリロードという方法です。

変更内容について当社にお任せいただいた、というケースですと、どこが変更になったのかわからないことがあります。

その場合は上記の更新(リロード)でなく、スーパーリロードを行ってください。

スーパーリロードは、古い記憶を100%記憶を消し去ります

スーパーリロードを行ったにも関わらず、何も変わっていないように感じる場合は、当社のほうで変更ができていないということになります。

スーパーリロードは機種ごとにやり方が違うため下記参考ください。

代表的なブラウザのスーパーリロード方法。

ブラウザ=ホームページを見るためのソフトのこと。

厳密に言いますとキャッシュクリアというのは、スマホの機能ではなくブラウザの機能であるため、ブラウザごとにやり方が異なります。

ブラウザによってキャッシュクリア方法は違う

iPhone safariのキャッシュクリア方法

スマホ:iPhoneでsafariを使ってホームページを見ているなら、

iPhoneの「設定」アプリをクリック

下の方にスクロールして「safiriのアイコン」を見つけてクリック

「履歴とwebサイトデータを消去」というところを見つけてクリックしてください。一度ブラウザを閉じて、もう一度ホームページにアクセスしてみてください。


Google chromeのキャッシュクリア方法

スマホ:グーグルchromeを使っているのなら→ chromeアプリを開いて(確認したいホームページを開いて)、

右下の(・・・)マーク

「履歴」を選択し「閲覧履歴データを削除」です。ただバージョンによっては3つの点点点マークの位置が違うかもしれません。その後、一度ブラウザを閉じて、もう一度ホームページにアクセスしてみてください。


パソコン:グーグルchromeなら、確認したい画面を開いた状態で、キーボードの「Ctrl(左下)+F5ボタン(上部)」を同時にポンっと押します。同時に押せてないときがありますので、複数回ポンポンポンと同時に押して大丈夫です。

F5ボタンは、Fと5じゃないので注意してください。キーボード配列の一番上に並んでいる「F5」ボタンです。何も変わらなければそれが最新状態です。


パソコン:Mac(Safari)なら→ メニューバーに「開発」が表示されていればその中のキャッシュを空にするボタンです。メニューバーに開発がなければ、Safariを起動→メニューバーのSafari→環境設定→歯車(詳細)→メニューバーに開発を表示です。(または⌘+Rのショートカットでも可能です)


その他のブラウザ

その他のブラウザをご利用の場合は、「キャッシュクリアの方法 〇〇〇(ブラウザ名)」で検索されてみてください。すぐに見つかると思います。

作成中の間だけですが何度も必要

キャッシュクリア作業は何度も必要です。更新内容、修正内容を確認したいのであれば、その都度に必要となる作業です。お手数ですがよろしくお願いします。

もし、上記以外のブラウザを使っている場合は、「お使いのブラウザ名+キャッシュクリア」で検索されてみてください。方法についてたくさんアドバイスが見つかると思います。

以下は余談です。興味ございましたらご覧ください。特にインターネットエクスプローラーをまだ使っている方へ。

普段、なにげなくホームページを見るときに開くブラウザ。彼らがいないとホームページは見ることができません。実は彼ら(ブラウザ)は可愛いアイコンのくせにすごいんです(笑)

ところでブラウザは何をお使いですか?safari,google,firefox,Edge,opera,etc…

“Icons made by Pixel perfect from www.flaticon.com

まだインターネットエクスプローラー(IE)を使ってホームページを見ているなら、IEの使用はおやめください。

インターネットエクスプローラー(IE)はマイクロソフトのサポートが終了しております。ワードプレス5.8でも正式にサポートが終了しました。完全に終わっているブラウザでして不具合だらけなのでご注意ください。若い人はIEを知らないという衝撃の事実もありますが(笑)

インターネットエクスプローラーの後継ブラウザ「Edge-エッジ」が登場。

この子↓が「Edge-エッジ」です。

似ていますがインターネットエクスプローラー(IE)とは呼びません。Windows8.1から(だったでしょうか)標準搭載となりました。マイクロソフトが提供しているブラウザです。ただし検索結果がいまいちでシェアでいいますと1割以下です。

※何かをキーワード検索したときに表示される検索結果というものは、どのブラウザを使うかによって全く異なります。

可能であればGoogleクロームをご利用ください。↓
DLはこちらクリック。


Google Chrome(クロム)-シェアでは圧倒的ナンバーワンです。次いでsafari(サファリ)です。

ググる(何かを調べる)ときの「検索結果」はブラウザによって異なります。

Googleクロムの場合は、Googleが良いと判断したサイトを上位表示させています。Edge(エッジ)はマイクロソフトが判断して「検索結果」を表示しています。

そのあたり興味ありましたらお気軽にご質問ください。SEO対策にも大きくかかわってくる話となります。

話がそれました。すいません。

キャッシュクリアについて(詳細)

彼ら(ブラウザ)はとても賢くて、一度でも訪問したサイト(URL)は記憶します。そして次回(二回目)からは、利用者のために素早く表示させようとして「過去の記憶」を頼りにパソコンやスマホの画面に「ホームページ情報(過去の記憶)」を表示します。

ホームページを見ようとした利用者に対し、ブラウザは裏でいろいろ頑張っています。サーバーまでデータを確認しにって必要な情報を整理してホームぺージとして表示させる作業です。

でもキャッシュがある場合は、あなたそれさっきも見たよね?

これでしょう!ってことで古い記憶を表示させます。わざわざサーバまで「最新情報」をチェックしに行かないんですね。賢いです(笑)

ホームページの修正確認などで「最新の状態」を見たい場合は、彼らの「記憶を消す」作業が必要です。それをキャッシュクリア作業と呼びます。

記憶を消してやると、彼らは舌打ちしながら?(笑) サーバーまで情報を見に行ってくれます。キャッシュはパソコンやスマホの機能じゃないので注意してください。彼ら(ブラウザ)の機能です。

ホームページが修正されていない?ブログが反映されない?という場合ほとんどはキャッシュのせい

ホームページの修正追加というのは「サーバー」内の情報を書き替える作業です。それは当社の仕事です。ブラウザに対し、古い記憶表示じゃなくてサーバーまで最新情報を見に行け、という命令がキャッシュクリア作業です。

再読み込み(更新)じゃダメなの?

再読み込み、更新、リロードなどと呼ばれますが、矢印がクルっとなったマークのことです。

実はブラウザの記憶力(キャッシュ)には段階がありまして、この更新ボタンは軽い記憶なら消すって感じです!

更新ボタンでブラウザの「深い記憶」は消せない場合があります。

ブログ更新したはずなのにホームページに反映されない?など簡単な確認などは一度使ってみてください。

それでだめなら「キャッシュクリア」です。

なのでキャッシュクリア作業は「スーパーリロード」と呼ばれたりもします。

読んでくださってありがとうございます ではまた!