大阪や神戸のホームページ制作

結局、月々の管理費用っているのかいらないのかどっちやねん!(笑)

大阪や神戸のホームページ制作

ホームページ制作にあたり一番大切なことは料金の「高い安い」ではなく

CMS」で作るのか「html5+CSS3」で作るのか。

この選択が大切です。

現在主流のプログラムは
この2つだけしかありません。

ご商売の内容で「どちらがあうか(集客しやすいか)」が決まります。

そこを間違えると売上は期待できません。

考えるポイントとして

御社のご商売内容は「SEO対策」は必要か?


ここから考えると本当にすべてがスッキリします。びっくりするほどスッキリすると思います。

SEO対策は
必要が「ある人・無い人」がはっきりしているケースが多いからです。

できるだけわかりやすい言葉で書いたのですが、避けて通れないワードもありましたので用語解説もつけました。よければご参考にしてください。

 

まず一つ目の「CMSプログラム」について。
これがマッチするご商売を営まれているなら、ランニングコスト0円が可能です。


CMSで制作。管理費0円 (自己管理)

 

結論からいいますと


「SEO対策」が必要だなぁと感じていて
事業用HPを作りたい場合はこのパターン無理があります。

「SEO対策」をあまり必要としない業種の人。
ケーキ屋さんやドーナツ店・居酒屋さんなどの飲食店。これはOK。むしろ絶対CMSで作るべきです。

※ドメインとサーバーをお客様が用意するなら、制作会社に払う管理費用はない、という意味で管理費用0円と表現している会社様もありますが、厳密にはどこに払おうともドメインとサーバー費用ぐらいは最低限必要です。 

 

管理や維持費とは(用語集)

CMSとは(用語集)

html5スマホ対応とは(用語集)

SEO対策とは(用語集)

例外はあります。でも基本はこの2パターンしかありません。

CMSで制作。
制作費○△万円

管理費
0円
(自己管理)

CMS+管理費0円

SEO対策を
必要としない人に最適

こんな方へ
小規模な飲食店。店舗の立地条件が良い。若目の客層。画像をキレイに見せたい。画像でアピールしていきたい。

記事をどんどん追加して、SNSでしっかり発信し地域とつながっていく。ある程度ネットに強い人。

キレイ・かわいい・美味しそう・すごい・楽しいというイメージのご商売向き。遊び心ある記事がSNSで拡散され、売上げにつながっていくような業種向き。

html5スマホ対応。
制作費○△万円

管理費は月々
必要。(業者管理)

html5+管理費あり

SEO対策を
必要とする人に最適

こんな方へ
SEO対策の優先度が高い人。コスト抑えるならテンプレート業者がいい。テンプレだと物足りくてお金かける場合は、CMS制作と熟考する必要あり。なぜお金をかけたいのかを明確に。

画像でみせるような商売には向かない。あくまでSEO対策が最優先。店舗の立地条件が悪い、もしくは無店舗型のご商売。

ある程度、文字(文章力)で訴求が必要な商品やご商売向き。

SEO対策を必要としている場合はCMSより断然コストは抑えられる。

例外としてカラーミーなどのショップカート。
業者依頼か自己管理か?

自己管理の場合は
「SEO対策」は無理。楽天などのモールを利用するのがベター。

ある程度「自分でやりたい」かつ、もう少し売上を上げたい場合は、
既存のカートショップサイトはそのまま自己管理運営+業者に静的SEO対策ページ依頼し併用を。

予算がある場合は
CMS制作で業者管理の1本に絞る。

 

この部分を
掘り下げて解説していますので、お時間あるときにごゆっくりご覧ください( ^^) _旦~~

 

 

SEO対策を意識している人は
CMS製作+管理費0円(自己管理)はダメ。

実は無料ブログのように、無料ホームページ制作ツールの「CMS」というものがあります。

CMS(コンテンツマネジメントシステム)
wix とか Jindo Strikingly WordPless などの総称です。これらはすべて「誰でも無料でホームページが作れる簡単ツール」と思っていただいて結構です。

※私が言っているのではありません。各それぞれのCMS提供サイトが、どのサイトもだいたい「誰でも簡単に」という表現を使っています。

ホームページ制作会社さんが管理費用いらないですよ~っていっている場合、全部の業者さんじゃないですけど、こういうのを↑ベースに使ってホームページ作ることを言っている業者さんが多いです。

なぜ「誰でも無料で作れる簡単ツール」をお金払ってまで業者に依頼する必要があるのかと思われるかもしれませんが、「言うほど簡単じゃない」現実があるようです。

なので、ご自分で作られるにしても、業者さんに依頼するにしましても「SEO対策」を気にしている人は、CMSの制作費用が数万円(もしくは自力制作)、管理費用0円(厳密にはドメイン・サーバー代金は発生する場合が多いですが)のようなパターンはやめたほうがいいです。上位表示は極めて難しいです。

 

申し遅れましたが
当社で契約してほしいから書いているわけじゃありません。

どこの制作会社さんが「いいのか」よりも
2つしかないプログラムのどちらが合うのか。

制作会社が多すぎて悩まれている方が多いようです。そこが見えれば業者選びがすごく楽になりますので参考にしてほしいという思いで書いています。

 

なぜだめか?簡単に。

CMS(コンテンツマネジメントシステム)とは
誰でもホームページが作れるように直観的な操作を基本としたプログラムで作られていて、個人事業主・主婦・学生・フリーターさんなど、様々な人がブログ感覚で作成して楽しんでいます。

少し語弊があるいい方ですが、ワードやエクセルなどが使え、ブログなどを書いたことがある程度の知識があれば「簡単なサイト」なら作れます。
極端に言えば→画像をクリックしたままつまんできてこっちに配置とかです。

WordPless(ワードプレス)っていうのが一番有名なCMSですが、ワードプレスに関しては、一般の方には少し難しすぎる現実があるようです。

本来は「自分で無料のホームページが作れる」がキャッチコピーのCMSです。

でも制作を代行する業者が多い現実を考えますと、「思い通りに作る難しさ」が露呈していると言えそうです。

ただしCMSは
「記事を追加すること」だけに関しては特化してすばらしいです。記事をどんどん自分で発信したい人には、本当に向いています。

外側だけ業者にキレイに作ってもらって、後は自分でどんどん記事を追加する(SEO対策は無理です)。SNSで拡散しながら楽しむ。見た人が来店してくれる。この流れは現代社会にマッチしていると言えるでしょう。

でも記事を追加すること以外の機能は、下手をしますとインストールすら無理なレベルです。ランニングコストがかからないからという理由で、ご自身でチャレンジする場合は覚悟が必要です。

気になる人は、無料なのでまずやってみることを強くお勧めします。

 

CMS(自己管理)が向いている人


★SEO対策を必要としない人
★今すぐホームページから売り上げが欲しいって「思っていない人」

なら向いています。数万円で作成してもらって管理費0円のパターン。もちろん制作自体をご自身でチャレンジすることもOKです。

 

CMSは「自分で無料でホームページが作れる」がキャッチフレーズです。作る楽しみ。

画像中心の構成で、トップページに大きい画像が「ばああん」とあってキレイだし、動きがあって楽しいので、ご自身のHPとなるとなおさらのことと思います。

喫茶店やケーキ屋さんを始め、飲食店全般に向いています。単発のイベント会社さんなども。

飲食会社さんは全般にSEO対策を必要としないので。

ちょっと蛇足ですが
飲食店経営の方でホームページは必要ないって思っている方がおられます。

売上げがこれ以上あがる必要が無い場合、もちろんいらないのでしょうが、もう少し売上がほしいなと感じている場合は、"あるに越したことはない"っていうのが正解だと思います。あったほうが断然SNSなどで拡散されやすいですから。

CMSなら
簡単でよければ低料金でかっこよさを追及したホームページが手に入りますので、一つあるに越したことはない、って感覚が正解なのではないかなと思います。

 

自分でチャレンジしようと思っている人にとっては、わからないことすら楽しい。間違っても楽しい。本を買ってきて勉強するのも楽しい。思った通りできたら感動。作ったHPを見てくれて商品買ってくださったら、ほんとに涙ものです!(^^)!

でもこれが可能なのは「切羽詰まっているわけじゃない」人。

SEO対策を必要としない人、もしくは是が非でも「いますぐ売り上げが欲しいわけじゃない」人だからできることを理解ください。


 


CMS(自己管理)が向いてない人

★基本的にパソコンに詳しくない方。
CMSは残念ながら「いうほど」簡単ではありませんし、ブログなどの発信が性格的に面倒だなと感じる方はやめたほうが無難です。

★ホームページからの売り上げがメインとなりそうな方(店舗がない・店舗前の人通りが悪い・チラシもあまり打たない・いきなり入店してくれるような商売じゃないなど) 。

その場合SEO対策が不可欠と思われますのでCMSでの制作は避けられたほうがよろしいかと思います。(CMS自己管理はSEOに弱い)

★商売を立ち上げたばかりの人➡ランニングコストを抑えたいから、このパターンに手を出しやすい。ご商売内容を無視してCMSに手を出すのはやめたほうが良いと思われます。

★売り上げが減ってきてホームページでなんとかって考えている人➡費用を抑えたいからこのパターンに手を出しやすい。

 

こういう人ほど
「HTML5+CSS」プログラムで制作し、有料で管理してくれる業者さんのほうがいいです。(もちろんリースやぼったくりは別としまして)

 

飲食店さんなどCMSが向いているご商売の方に少しアドバイス

CMSは日記程度の「記事の追加」をすることだけに関しては抜群に優れています。本当に脱帽です。

でもSEO対策とかはまったく無理なので注意してください(自己管理のお話です)。記事を書くことに特化しているサービスです(そもそもブログなので)

 

飲食店関係の方は
ホームページからの売り上げは「後付け」です。

まずは「美味しい料理を食べてくれた」ことが先にあって、食べた人がホームページをSNSで拡散してくれる。より売れる。そういう意味では最低限のホームページはあったほうがいいです。

どんどんおいしそうな写真・楽しそうな写真・かわいい写真や記事を書いて、地域の人とどんどんつながっていって、SNSでファン増やしていって。リピーターが増えて。

この流れがいいです。広がりやすい。

SNSで拡散されるときに最低限のホームページがないと、「ここおいしかったよー」って誰かが宣伝してくれるときに「ここ」が表現できないときが多いため最低限のホームページは必要だと私は思います。

ここ=ホームページURL

※SNSはTwitterやFacebook・LINEなどのコミュニティーツールのことです。

もちろんCMSを自分で作るのか、業者に依頼するのかは経営判断です。パソコンスキルの力量。または店舗規模や客層の雰囲気・参加している市場の大きさ。なども考慮材料です。

あるに越したことはない、というのが正確な言い方だと思いますので、簡単なものでもいいので一つ持っておいて損はないと思います。

 

 

飲食店以外の方はここに注意


ここで考えて頂きたいことは、飲食店以外の業種の方です。

★トップページに「大きくてキレイな写真」を使うことが売り上げにつながりそうなご商売かどうか。(写真でアピールできる商売なのか)

★ブログのような楽しそうな記事を追加することで
ファンが増え、売り上げにつながりそうなご商売かどうか。

★SNSで「楽しそう!キレイ!かわいい!」などのワードを中心に、拡散されることが予想できる商売かどうか。

このあたりを意識してみてください。

無理そうであれば
html5(スマホ対応)のプログラムのほうが合っています。

飲食店は基本的にSEO対策を必要としません。
「おいしい 居酒屋 三宮」って検索するより食べログとか見ます。必要ないとまではいいすぎかもしれませんが、そこじゃないって感じです。

 

 

絶対に読んでほしい重要ポイント!
仮にホームページを持っていたとしまして


CMSにしましても、HTMLにしましても、ホームページがあれば「なんとなく」お客さんが増えるかな...

これはちょっと無理なんです。

ホームページを見てもらえる「きっかけ」はたった5つしかありません。仮にホームページを持っていたとしまして、下記のどのパターンでお客様に来てもらえることがイメージできますか?

大切なことなので、もう一度だけ書かせてください。ホームページは下記の5パターンからでしか見てもらえません。

 

 

1.リスティング広告

yahooやgoogleと契約し、広告を出します。(ホームページを目立つところに置いてもらう)

検索予想ワードをご自身で設定できますのでダイレクトにアプローチできます。集客はかなり期待できますが、おそろしく高いです。

1万円分だけ広告を出すなどの設定も可能ですが、1万円では業種によりますが1日も持ちません。数時間でなくなります。ワンクリック課金システムです。

月間通して24時間フル広告を出す場合、最低でも20万円ぐらいかかります。あのワードもこのワードもとなりますとかるく100万円は超えてきます。もちろん一か月の費用です。

 

2.SEO対策

これがホームページのいわゆる王道です。
リスティングは高すぎるので皆様これを狙っています。検索されたときに1ページ目・2ページ目などの上位表示を狙います。

上位表示できれば、きわめて効果的です。

しかし全員が上位表示を狙っています。見事に全員が狙っています。業者もガンガン参戦しています。

上位表示させるための方法はたくさんあるのですが、自己管理ではまず無理だと思ってください。記事を書けばSEO対策になる?←無理です。全員が躍起になって書いていますので、記事を書くだけで上位表示できるなら「全員が上位表示できる」というおかしな現象がおきるという理屈になってしまいます。

 

3.SNSからの流入

TwitterやFaceBookなどのソーシャルネットワーキングサービスの総称です。

不特定多数の人と交流を持つことが得意なSNSは集客の強い味方です。ホームページの情報などをどんどん拡散し来店効果を狙います。

飲食店をはじめ、美味しそう・キレイ・かわいいなどのワードでつながっていくイメージです。爆発(メチャクチャ売れる)する場合があります。ただしどの業種でも効果があるとはいいがたいツールです。

 

4.ショップモールへの出店

主に雑貨や小物販売に向いています。モールじゃなくても「有料の登録サイト」いわゆる一括見積もりサイトのようなものに登録することも含みます。

楽天をはじめ「物を買う」ショップモールがたくさんあります。そこへネット上の出店をします(ホームページを掲載してもらう。もちろん有料です)

安い出展料の聞いたことないようなモールもありますが、安いモールはその存在自体がそもそも知られていないので、出店してもなかなか売り上げは期待できません。

出店するならYahooショッピングや楽天でしょう。しかし出展料が何十万・月々の管理費用が数万円・売り上げに合わせたロイヤリティも取られるという世界です。

 

5.URLを直接入力してもらう

ホームページを作成しますと御社専用のURLが手に入ります。http://www.....というやつです。

ホームページ上の住所にあたりますので重複は絶対にありません。唯一無二。御社独自のものが手に入ります。

それを名刺やチラシに記載することでホームページに来てもらえることはあると思います。

しかしそれを見た人にしかわからないため...そのために毎回チラシをまくのか?という本末転倒のお話となってしまいます。

もちろん、ついでに記載するにはなんの問題もありませんが。

 

 

え? 5つだけ?
と思われるかもしれませんが...

残念ながらこの5つだけです。

他になにかあるんじゃ...
いえ...申し訳ありませんが、完全にこの5つしかありません。

つまり、2つしかないプログラムをどちらにするのか。そして5つしかない集客方法のどれで戦略を立てるのか?

正直にいいますが
この2つと5つを理解できた人だけが、顧客を獲得できるチャンスがあります。

現段階では漠然とで結構です。
2つしかないプログラムと、5つしかない集客方法の組み合わせがイメージできますでしょうか?

2×5の法則。

 

まことに残念なことなのですが、「ホームページはあるだけで」なにかと売り上げにつながりますよってニュアンスで勧めてくる制作会社の営業マンもいます。

なんとなくそうかな、と錯覚しやすいのですが、「2×5の法則」を無視しますと残念ながら売り上げには結びつきません。

売れているサイトは、間違いなく「2×5の法則」を意識して運営しています。言わないだけです。

 

 

HTML5のほうがいいのに
CMSで作ってしまった例

キレイや美味しいという商売向きのCMSはわかりやすいので、選択を間違えることは少ないですが逆はよくあります。

間違った選択をしてしまった例をご紹介しておきます。

あくまでたとえですが
「不要品回収業者さん」の場合

本来は
写真で見せていくタイプの業種ではないので、おのずと選択肢はhtml5+CSS3プログラム。

html5プログラムはSEOに強いプログラムなので、主となる集客方法はSEO対策。「不用品回収 大阪 格安」などのワードを中心に。

SNSでの拡散は難しいものがある。(広がりにくい商売)

不用品回収というワードは激戦区のため、リスティング広告は経営判断としてやれるならやる(フル広告だとおそらく月々100万円以上)。

リスティング広告は高すぎるので、王道のSEO対策は絶対に外せないところ。

これが考え方として、いちおう正解です。

 

★トップ画像が大きいから。
★動きがありかっこいいから。
★ランニングコストを抑えたいから。
★きれいなホームページが欲しいから。

という理由でCMSプログラムで制作してしまいますと、CMSは「SEO対策に弱い」ので、★集客方法の中心が「リスティング広告かSNS」になってしまいます。

 

★CMSは画像中心の構成のため、トップの写真に不用品の写真を「ばああん」とアップする感じに。

それはマズイと、意味なくきれいな女性モデルさんなどをアップなどしますと、伝えたいことがぼけてきます。

 

★CMSは記事を書くことに特化しているため(記事を追加していかないとあまり意味がないプログラムです)
今日は○○で回収作業をしました!って記事を延々とアップ。

それは
ホームページを「見てくれた人」に対しては信用になると思います。

でも記事自体がホームページに
「新規客」を呼び込んでくれるきっかけとなっていない

★SNSでも
「食」や「キレイなもの」は拡散され広がりやすいですが...不用品回収します!とSNSで宣伝しても「ないものはない」です。衝動買いするような商品ではない。

拡散する側も拡散する気分にはならない。

見た人も、ちょっと問い合わせてみよう。
行ってみようとはなりずらい。

 

★CMS(自己管理)では「不用品回収 神戸」や「遺品整理 大阪」などのワードでのSEO対策はまず無理です。

★この場合は静的なページといいますが
やはりhtml5+CSS3プログラム(スマホ対応)で制作し、業者さんにSEO対策を管理してもらったほうが断然有利だったというお話です。

 

★たとえば

ランニングコスト2万円かかったとしても売上20万円
ランニングコスト0円だけど売上も0円。( ノД`)シクシク…

毎月どちらがいいかというお話です。


僭越ながら申し上げますが、ランニングコスト0円に「とらわれすぎ」はよくないです。リスティング広告に比べると、SEO対策ははるかに安いわけですから。典型的な失敗パターンです。

 

 

記事をかけば
「SEO対策」になるという落とし穴。

業者は「記事を追加すればSEO対策に有効ですよ~」いいます。戦争はダメですよ~ぐらいのこのノリ!大きい意味では正しいこのセリフ。

間違ってはいないですが

SEO対策はそこまで簡単なものではありません。


記事を書くだけで上位表示に有利になるなら、あの人もこの人も上位表示出来てしまいます。お知り合いの方でCMSサイトを自己管理し、上位表示できている人いますでしょうか? 記事を追加しすぎたらダメなのご存知でしょうか?

 

そこは割り切りが大切なんだと思います。

 

現在グーグルのウェブマスター向けガイドラインは基準が厳しいので、よかれと思ってやっていることが、ペナルティ対象になることは往々にしてあります。ブログのバックリンクとかいい例です。自作自演は軒並みアウト。

ペナルティ食らっていても、食らっているかどうかがわからないと思いますし、復活のやり方も一般の人にはわかるはずもありません。

 

良い面しか言わない業者さんに注意してください。

CMSは管理費用は0円ですよ!
記事書けばSEOに効果ありますよ!

そう言ったほうが
ホームページを売りやすいから。それがすべてです。

※すいません、悪意はないです(笑)
飲食店さんとかはCMSのほうがいいですし、当社も頼まれたらもちろんやります。ただ「誰にでも」これを言うのは違うと思います。

 

 

「内部SEO対策」を
強調する業者に注意。

SEO対策で「こうすれば上位表示しやすい」という手法は、たしかにいっぱいあります(ブラックハットではなくホワイトハットの)

しかしそれは「魔法のような」方法ではなく、しっかり管理すること。それにつきます。もちろん「管理のコツのようなもの」はありますが。


SEO対策は最初の「ソースコードに仕込むもの」と「定期的にやらないといけないこと」があります。 後者のほうが大切です。

最初に仕込むものは「内部SEO対策」といいまして、タイトルにキーワード入れて、metadescription設定して、h1~h3タグを適宜設定して、ソースコードキレイに書いて、sitemap(xml)送信するぐらいのこと。

ただそれはもっとも基本のことで、その「内部SEO対策」をやらない業者さんは存在しません。内部SEO対策をアピールしていない制作会社さんは「書かなくてもやるに決まっていること」だからです。

 

内部SEO対策」が完璧です!と
アピールしてくる業者さんは、かなり気を付けたほうがいいです。

引越し屋さんが当社はトラックあるんです!って言ってるお話です。

 

 

最近、本当に多い...悲劇の漁師さん。。


実際の漁師さんのことじゃないですが、イメージとしまして


SNSで売れる商売ではないし、人通りのある場所で営業しているわけじゃないので「SEO対策」が生命線なのにもかかわらず、
管理費用が安い、デザインがかっこいいからという理由でCMSに手をだしたAさん。


SEOの正解がわからないから常に疑心暗鬼...
業者に言われた、唯一のSEO対策アドバイスが...


「記事の追加」

 

言われた通りそれだけを守り
まいにち「記事の追加だけ」の日々。

特に結果でず。

陸地が見えない大海原で、どっち向いて漕いでいいかわからず、もがき漂流しているようなものです。

ペンギンアップデート?パンダアップデート?リンクペナルティ?グーグルアナリティクス?独自SSL証明?

 

そんなにがんばっているのにサメ(ペナルティ)に食べられちゃうとか悲しすぎまして(;'∀')

 

このような状態で
本業に支障きたさないでしょうか?

精神的に疲れませんか?大丈夫でしょうか。。

ご商売なので
ランニングコストを抑えることは最優先事項の1つですが「とらわれすぎ」はよくないです。ホームページは24時間営業してくれる優れた営業マンです。

すぐれた営業マン(ホームページ)に対して「適性な」ランニングコストを惜しむことは、「そこは商売として削るところじゃない」とおもいます。

SEO対策費はリスティング広告よりも圧倒的に安いわけですから。(SEO対策が必要な業種の方へのお話です)

※リスティング広告の場合
クリック対価なので、たった1日で1~2万円ぐらいは吹っ飛びます。

 

SEO対策が必要な場合は業者管理にしてしまえばすべては解決します


有料ドメイン。サーバーはSEOに強い高速ハイスペックのものを使って。毎月SEO対策を意識した更新もしてくれる。モデルリリースのとれた画像の提供、修正やページ追加、トラブルあったら対処してくれて。

GoogleAnalyticsでアクセス解析してくれて、問題提起&改善案も提示してくれて。

わずかな費用で本業に専念できることが
一番すばらしいのではないかとおもいます。

パソコンが好きでそういうことが「やりたい」気持ちと、売上を上げるための「販促ツール」であることを割り切り、切り離して考えてみてください。

 

※悪質な会社を除きまして、管理費用をとっている業者さんは「ちゃんとやってあげよう」としか思っていません。

手間を考えますと1万~2万もらったところでっていうのが正直なところです。

※ちなみに5,000円程度の管理費用で、ちゃんとした月々のSEO対策をできる業者さんは存在しません。いくらなんでも割りに合わないんです。5,000円ぐらいの管理費用というのはドメイン・サーバー・ちょっとした修正ぐらいです。

 

 

ざっくり結論。

CMS(自己管理ランニングコスト0円)は
画像が多く使用している構成で動きもあり、見た目はすごくキレイですがSEOには弱いです。
SEO対策を必要としないご商売向き。飲食店などの画像で見せていく。SNSでつながっていく。SNSからサイトに来てもらう。おしそう・キレイ・かわいい➡売れる。そんな人向きです。楽しそうな記事を追加することには特化していますので。

もしくは「あるだけで」いいって人にも適しています。最低限のホームページがないと対外的信用で困る人。

SNSからの集客を中心に考えて、リスティング広告は経営判断でやれるならやる。SEO対策はしない。そんな感じです。

 

html5+スマホ対応(有料で業者管理)は
SEO対策が外せない業種の場合は、html5+スマホ対応が圧倒的に強いです。リスティング広告より圧倒的にコストが抑えられます。

内部SEO対策は上記しましたがみんなやっているので意味ないです。

アクセス解析ソフトによる問題点の発見と改善を、定期的に自発的にやってくれる業者さんがいいです。頼まれたらやるじゃなくて。(頼む内容がお客さんにわかるはずないので)

3,000円から5,000円ほどの管理費の業者さんは、ドメインとサーバを管理しているだけなのでSEO対策は無理です。(ちょっとした修正などの「修正費」は、その中に含めてくれている良心的な業者さんはあるとおもいますがSEO対策は無理です)

 

 

カラーミーなどのショップカート・ネットショップは
こちらもCMSと似ているのですが、SEOに弱いです。△△カートより、□□カートのほうがSEOに強いとか弱いとか。迷信のレベルです。基本全部弱いです。(自己管理のお話です)
自己管理でやる場合はモール出店を中心に考えてください。

※注意1
BASEは基本料は無料ですが
決算について「BASE決算を通さない決算」を認めていませんので注意してください。直接的な銀行振り込みや集金などは規約違反です。すべての決済に対してBASEさんを通す必要があります。

また
カートのデータベースに「条件指定」をつけたい場合、利用できるショップカートは限られますので注意してください。カラーミー・BASEは不可。ショップサーブはOK。

自己管理に限界を感じている人は、業者さんとタッグを組んでみてはどうでしょうか?

費用を抑えたい場合は、SEOに強いhtml5+CSSで業者さんに静的ページを生成してもらい、カート設置、もしくはリンクさせるなどで、ご自身のページと併せて2本立てで挑戦してみるのもありだと思います。できるだけ安い費用で間口を広げる。

予算がある場合は、CMS(業者管理)にカート設置でがっつり狙ってください。

 

 

長々とありがとうございました!

今回は「SEO対策」が必要な業種なのかどうか?
に焦点をあててみました。

 

やろうとしているご商売

★2つしかないプログラムのどちらが合いそうか?
★HPを見てもらう方法は5つのうちどれになりそうか?


それを決めるのが売れるホームページ作りのスタートです!

まとめたつもりが長くなってごめんなさい(/ω\) 業者選びの参考になれば嬉しいです!

 

SEOのコツと「当社の管理費用」はこちら


具体的にはホームページを持つことが どう売上に繋がるの?


大阪のホームページは現代版の電話帳 現代版の電話帳です。今はインターネットで探したい情報を得ようとします。もはや必須となってしまいました

電話帳のような物

大阪のホームページは会社の最低限の信用 新規の取引先って心配ですよね。みなさん結構な確率で、取引先の情報をホームページから得ます。

取引先に対する信頼

大阪のホームページで日々の情報公開 新商品が入荷した! 今週は安売りキャンペーンをする! そんなリアルタイム情報も思いのまま!

24時間宣伝活動

Copyright(c) 2011 Sample Inc. All Rights Reserved. Design by Kobe Web Company